看護師の転職@活躍できる場はたくさんあります!

 

病院やクリニック(診療所)で働く

看護師さんが活躍できる場は多くありますが、やはり病院やクリニックが断トツで人気の転職先となっています。特に病院ですが、夜勤はあるものの給料はいいですし・何より今後のキャリアプランを積み重ねていくことができます。一方のクリニックも人気で、仕事も経験を積んでいけますし、何より夜勤がないので・仕事とプライベートををきっちりとわけることができます。
仕事の具体的な内容を見ていきますと、お医者さんの補助として注射・点滴・傷の手当、治療中の支援や心のケアなどを行ったり、患者さんの相談にのったりします。病院の中では、配属先でも業務は異なってきますので、なるべく希望の部署にてんしょくしたいところです。

 

保健所や保健センターで働く

住んでいる地域に1つはあると言われています。聞いたことがない方もいらっしゃるかもしれませんが、その地域の住民の健康問題について対策を考えたり、予防などに取り組んでいます。こちらで働く看護職には保健師さんがいます。
保健師さんは、担当する地域で生活するあらゆる年齢層の健康を考え、人々の生活や健康状態に悪い事態が起こらないようにする予防活動と、健康づくり・生活環境づくりの支援を行います。インフルエンザの注射もその一環になります。

 

訪問看護ステーションではたらく

病院は日々忙しいので・対応できない患者さんも多くいるようです。そこで病院以外でも、在宅治療できるようにしている施設が訪問看護ステーションです。病院の付属とした施設や、会社として設立されたものなどさまざまです。
訪問看護という名称通り、看護師さんが治療やケアの必要な患者さんの自宅まで訪問して、点滴や処置・心のケアなどの看護を提供しています。
日本はどんどん高齢化社会が進んでいますので、訪問看護の需要は増えていますが、まだまだ訪問看護を希望する看護師さんが少ない状況とのことです。

 

老人保健施設ではたらく

高齢者になると、だんだん1人でできないことも多くなってきます。最近よくそれらしい車を見かけるかもしれませんが、ホームヘルパーによる家事や手伝い、デイサービスなどの介護保険によるサービスを受けることになると思います。このサービスを管理しているのがケアマネジャーと呼ばれる役職で、この職種で活躍する看護職も増えているようです。ふだんお医者さんがいない職場になりますので、今までの経験や症状の分析や対応、病院との連携など仕事の幅は広がります。

 

学校や企業ではたらく

学校に通っていた時には保健室があったと思います。わたしも、子供のころは、保健室で働く先生の役職がよく分からなかった記憶があります。ちなみにこの保健室に養護教諭という名称で働いている看護師さんがいるようです。そうなりますと、保健室に女性の先生しかいなかったという理由にうなづけますよね?また、心身に障害や病気を抱えている子供が通う学校には、養護教諭のほかに看護師も務めているそうです。
一方、学校ではなく企業で働いている看護師は産業保健師という名称で働いています。健康診断や健康相談、保健指導などを行います。

 

看護師の転職@他に活躍できる場は?

 

保育所ではたらく

わたしも今まで知らなかったのですが、保育所で働いている看護師さんもいるようです。ただ、保育所にいる看護師さんの割合は3割ほどになるそうです。よく集団感染などのニュースをみるたび、そこに看護師さんがいると安心できますよね?
また、保育施設や夜間看護も求められており、アレルギーやぜんそくをもつ子供も増えているようですので、やはり対策が必須かもしれません。もちろん、自分の子供が熱を出したりしたら心配ですよね?ただ、夜勤が好きな人はあまりいないと思います。あわせて、少子化も進んでいますので、保育所の数も減ってきてるかもしれませんね。

 

介護施設ではたらく

高齢者の入居施設で働くようなイメージになります。高齢者の食事や入浴・トイレなどの手伝いをする介護職員はいますが、医療の専門知識をもった職種はいません。ただ今後は隣がクリニックであったりと、併用施設ができることもあるかもしれません。
ここで働く場合、看護師としての役割は治療が必要であればその状況を確認して病院と連携をとったり・健康問題に気を配る必要があります。またノロウイルスなどの集団感染などにも配慮していくことが求められます。